アメリカ個別株への投資が好調 銘柄・投資成績公開

米国個別株が含み益増大中   新型コロナウイルスの影響で3月、4月は私の株式投資も非常に大きなダメージを受けました。 S&P 500などのインデックス投信への投資を中心に行っていますが、含み損はほとんど消えるまでに回復してくれました。 株価下落局面で、淡々と、かつ、積極的に買い増しを行った結果、平均取得単価を引き下げることができたためです。

パパ活女子と性的関係を持った 売春防止法違反?

パパ活で性的関係を持つことは違法なのか?   最近、パパ活という言葉をよく聞くようになりました。   Patoに代表されるようなギャラ飲みアプリを介して、パパ活に流れるというパターンが多いようです。 その他にも女性を個人的に斡旋するような怪しいおじさんたちも、大きな声ではいえませんが、港区界隈ではよく見かけます。   さて、パパ活でおじさんと女性が性的関係を持った場合 […]

S&P500から投資を始めるべき5つの理由

投資の王道 S&P500   S&P500は、米国の主要500社で構成される、米国の代表的な株価の指標です。 米国の株式市場の約80%をカバーすると言われ、NYダウとともに、株式市場のニュースなどでは頻繁に取り上げられています。

アメリカから届いたチェック(小切手)を日本にいながら換金する方法

アメリカから日本宛にチェック(小切手)が届く   日本ではなかなかお目にかかれないチェック(小切手)ですが、アメリカでは未だに多くの場面で利用されています。 留学と研修のために二年間アメリカで生活していた私も、学校での授業料等の支払いや職場の給与支払いなど、いろいろな場面でチェックを利用することがありました。

【新型コロナウイルス法律相談】家賃滞納ですぐ退去させられるのか

新型コロナウイルスで家賃が払えない人が多発   4月7日から始まった緊急事態宣言で、多くの人が職を失ったり休職に追い込まれたりと窮地に追い込まれています。 特に飲食業は壊滅的な状況で、飲食業に従事する方々はお店はもちろん自宅の家賃も払えないという状況も多いようです。

【運用報告】2020年4月末の運用成績公開

コロナで大打撃   昨年末から年明けにかけては世界的な好景気で運用資産の成績は絶好調でした。 それがご存知のとおり3月に入ってから急激な右肩下がり・・・ 新型コロナウイルスで世界がこんなに一変するとは、私自身とても想像できませんでした。  

【新型コロナウイルス法律相談】会社は労働者の給与を減額できるのか

新型コロナウイルスの影響で相談が急増   新型コロナウイルスによる緊急事態宣言により完全に経済が停滞しています。 私のもとにも、会社から給料の一方的な減額を通知された、とか、1ヶ月休業を通告されたという友人・知人からの相談が多数寄せられています。 給与の減額は特に会社員にとっては死活問題です。   そこで今回は、会社側による労働者の給与の減額は法律上可能なのかについて解説します […]

コロナショック 株の大暴落で今は買い場??

リーマンショック級の下げ   お久しぶりの投稿です。 転職によって生活がガラっと変わって、ついついブログを放置してしまっておりました。   今月に入り、コロナショックで相場が大荒れです。 リーマンショックの頃は、外資系の法律事務所が無慈悲な人員整理を敢行し、知り合いもたくさんクビになりました。 今回のコロナショックがそのような事態を招かないことを祈るばかりです。

1 5