仕事・人生

インハウスロイヤー(社内弁護士)の実態 〜給与・待遇等〜

弁護士を目指す方・弁護士で転職を考えている方必見   インハウスロイヤー(社内弁護士)は、まだまだ一般的に認知の低い職業ですよね。   私は、7年間弁護士事務所で弁護士として働き、アメリカ留学を経て、外資系の企業でインハウスロイヤーとなりました。   今回は、インハウスロイヤーがどんな仕事なのか、待遇や給与など私自身の経験も含めて記載して見たいと思います。 これから弁 […]

外資系企業法務で働く弁護士が考える転職のための英語力

外資系企業への転職で給与アップのチャンス拡大   前回の記事では、私の外資系企業への転職の体験談、そして、どれだけ給与アップに成功したかについて書きました。 この記事を読んでいただければ、外資系企業への転職が、給与アップのための手段として合理的であることがお分かりいただけると思います。  

【年金報告書問題】老後資金2000万円では全然足りないと思う件

金融庁の報告書に国民が激怒     金融庁が公表した資産形成に関する報告書「高齢社会における資産形成・管理」について世間が賑わっていますね。   正式版に先立ち公表された報告書案に「30年で約2000万円が必要」「公的年金だけでは生活水準が低下」「自助の充実」といった記述が盛り込まれていたことから、政府が責任を放棄しているとして批判が殺到しているとのことです。

両親が富裕層だった -富裕層が抱えるリスクと資産防衛方法-

両親が『富裕層』だったという衝撃の事実   普段、相続問題を専門に扱っているわけではないので、司法修習時代に多少見た程度ですが、相続問題で肉親同士が血みどろの闘争をするケースはとても多いです。   亡くなった方がお金持ちであればあるほど、このような問題が生じやすいのが実情です。 残された側も、ほとんどお金が残っていなければ諦めが付くのに、お金があると目の色が変わるのです。

日本は貧乏人ばかりが満足し富裕層が満足しない国

  • 2019.05.08

日本は横並び意識が強すぎる   ユニバーサルスタジオジャパンがチケットの価格変動制を取り入れ、このGWはいつもより割高なチケット価格になったそうです。   これはとてもよい試みだと思いましたし、逆になぜこれまで一律の価格設定にこだわっていたのか逆に不思議に思いました。   サービス業は需要と供給のバランスで価格が決まるのですから、価格は変動して当然です。