超おすすめ:楽天カードクレジット決済による毎月積立投信

超おすすめ:楽天カードクレジット決済による毎月積立投信
Pocket

楽天カードクレジット決済で積立投信を始めよう

 

楽天証券では、投資信託を楽天カードのクレジットカード払いによって毎月購入できる「楽天カードクレジット決済」という制度があります。

楽天証券 楽天カードクレジット決済

 

楽天証券にて提供されている、投資信託の商品を楽天カードのクレジットカード決済によって、毎月5万円まで積立投資することができる制度です。

毎月1日に積立となり、カード決済はその月の27日になります。

 

クレジットカード決済なので、決済によって楽天ポイントが付与されますし、そのポイントを利用してさらに投資信託を購入することができます

 

私自身、約半年間、この楽天カードクレジット決済を利用して、S&P500に連動する「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500」を購入してきましたが、本当にオススメです。

 

特に、ポイント活動をしている人や、何から投資したらよいか分からない人には、積立NISA個人型確定拠出年金iDeCo の他には、この楽天カードクレジット決済だけでもよいと思うくらいです。

 

どういった点がオススメなのか以下で解説したいと思います。

 

 

楽天カードクレジット決済がオススメの理由

1.クレジットカード払いによる投資が可能

2.ドルコスト平均法による投資が可能

3.自分の意思とは関係なく自動積立が可能

 

 

1. クレジットカード払いによる投資が可能

 

 

通常、投資信託は現金によって購入しか方法がありません。

 

楽天カードクレジット決済では、使用するクレジットカードが楽天カードに限られ、金額も毎月5万円という制限はあるものの、クレジットカードにて投資信託が購入できるという点は画期的といえます。

 

私は楽天カードも時折利用しており、ポイントによる恩恵を受けているので、楽天ポイントを貯められるのはとても助かっています。

 

また、クジットカード払いなので、実質的な引き落としまで約1ヶ月近くあり、その期間の分だけ期限の利益を得ていることになります。

 

楽天経済圏という言葉があるように、楽天銀行でお金を預け、買い物は楽天市場で行い、決済は楽天カードで行い、楽天モバイルで電話かけ、楽天でんきで電力を賄う人たちがいます。

 

このような人たちには特におすすめの制度です。

 

 

2. ドルコスト平均法による投資が可能

 

投資の世界では、ドルコスト平均法という投資の手法は、王道中の王道とされています。

投資信託や株式など常に価格が変動する金融商品を、一定期間の間隔を空けて、定期的に一定金額ずつ買い増していくような投資手法をドルコスト平均法といいます。

 

例えば、100万円の投資資金が手元にある場合に、その100万円を一度に全て使って金融商品を購入するより、時間をある程度分散して100万円を投資する方が、時間的な分散を図ることができます。

分散投資とは、投資商品の分散だけではなく、時間的な分散を図ることも指します。

 

積立NISA個人型確定拠出年金iDeCo における投資手法も、毎月一定金額を積立投資していく点で、同様にドルコスト平均法による投資であると言えます。

 

楽天カードクレジット決済は、投資の王道手法を踏襲しているのです。

 

 

3. 自分の意思とは関係なく自動積立ができる

 

投資経験がある方はわかると思いますが、人間は損を出すことに対して恐怖を感じる生き物です。

株が下落している時には、どうしても怖くて買えません。

逆に株が上がっている局面では、勇敢に買い向かいます。

 

投資の基本は「安い時に買い高い時に売る」なのですが、実際に安い時に投資をすることができるような心臓の持ち主は限られた人だけです。

 

その点、自動積立においては、自分の心理とは無関係に、毎月決まった日に自動的にクレジット決済で商品を購入することになります。

自動積立であれば、恐怖を感じることもなく、コンスタントに投資を継続できます。

 

 

まとめ

 

クレジットカード払いによって毎月継続的に積立投資ができる楽天カードクレジット決済。

 

私も、この制度を利用して、徐々に楽天経済圏に引き込まれています。

ポイントが貯まる楽しみもありますし、一度設定すれば放ったらかしでも、自動的に毎月積立投資ができるので、とてもよい制度だと思います。

 

気づいた時には、かなりの投資資金が積み上がっていると思いますよ。

 

 

楽天カードクレジット決済で、どの投資信託を選べば良いか分からない方は、とりあえず、S&P500に連動する投資信託を選べばと思いますので、下記記事もご参照ください。

(関連記事) S&P500から投資を始めるべき5つの理由

 

税制面のメリットを考えれば、楽天カードクレジット決済よりも先に、まずは積立NISAによる投資が第一歩になるかと思います。

積立NISAについては以下の記事をご参照ください。

(関連記事) 楽天バンガードでつみたてNISAを1年間続けた結果

 

 

Pocket