コインチェックで貸仮想通貨をはじめる方法

コインチェックで貸仮想通貨をはじめる方法
Pocket

貸仮想通貨って何?

 

貸仮想通貨とは、仮想通貨のレンディングのことをいい、仮想通貨のホルダーが保有する仮想通貨を特定の取引所に貸し出し、その貸出期間及び数量に応じて利息分の仮想通貨を得られるサービスのことをいいます。

銀行預金は、銀行にお金を預けてその利息を受け取りますが、貸仮想通貨は仮想通貨の銀行預金と考えて差し支えありません。

 

仮想通貨バブルの崩壊後、短期的な値上がりが見込めない仮想通貨。

長期保有中の仮想通貨を遊ばせておくのは勿体無いため、少しでも保有数量を増やしたい仮想通貨ホルダーの期待に応えるサービスですね。

 

 

非常に高い利率は魅力的

 

貸仮想通貨は銀行預金と同様と述べましたが、その利率は比べ物にならないほど高いです。

近年の低金利によって、銀行預金は0.1%にも満たない水準です。

それに対して、貸仮想通貨は、貸付期間によって異なりますがおおよそ1〜5%ほどの利息を得られます。

 

貸仮想通貨にはリスクも

 

ただし、貸仮想通貨にはリスクも伴います。

取引所のリスク

マウントゴックスの破綻事件のように取引所が破綻することによって、自分が預ける仮想通貨が貸し付けている取引所から返却されないリスクがあります。

また、コインチェックにおける仮想通貨ネム(XEM) の流出のように、取引所から仮想通貨が流出したり、凍結されたりするリスクも伴います。

売却機会を逸するリスク

さらに、貸仮想通貨によって取引所に貸し付ける仮想通貨は、貸付期間中に売却ができません。

そのため、価格が上昇していても売却益を得ることができず、価格が下がっている場合でも損切りができません。

このように、売却機会を逸するリスクも伴います。

 

保有する仮想通貨を取引所に長期間にわたって貸し付けることによって上記のようなリスクが高まることも認識する必要があります。

 

貸仮想通貨サービスを提供している取引所一覧

 

以下のとおり、主に3つの仮想通貨取引所にて貸仮想通貨のサービスを提供しています。

前述したリスクにも配慮して、あるべく破綻リスクや流出リスクがない取引所を選ぶ必要があります。

 

取引所 コインチェック ビットバンク GMOコイン
対象通貨 ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、リップル、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナ、ステラルーメン、クアンタム ビットコインのみ(リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ順次対応予定) ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、ネム、ステラルーメン
期間及び利率 14日間(年率1.0%)
30日間(年率2.0%)
90日間(年率3.0%)
180日間(年率4.0%)
365日間(年率5.0%)
1年
年率1%(1BTC以上5BTC未満)
年率2%(5BTC以上10BTC未満)
年率3%(10BTC以上)
年率 2%コース(1ヶ月)
年率 4%コース(3ヶ月)
年率 5%コース(6ヶ月)

 

 

コインチェックでの貸仮想通貨の始め方

 

さて、ここからはコインチェックにおいて貸仮想通貨を始める手順について解説します。

 

①  貸仮想通貨アカウントを作成

前提として、コインチェックに取引アカウントを持っている必要がありますので、まだ取引アカウントを持っていない場合には、新規登録が必要となります。

その上で、「貸仮想通貨アカウント」を作成します。

貸仮想通貨アカウントの作成方法はコインチェックのHPにて解説されています。

 

 

②  仮想通貨を取引アカウントから貸通貨アカウントへ振替

貸仮想通貨アカウントを作成したら、次は取引アカウントから、下記の手順で貸出したい仮想通貨を貸通貨アカウントへ振り替ます。

下記のように、「アカウント」画面にある「振替」ボタンを押してください。

 

「振替」の画面にいくと、下記の画面になりますので、「取引アカウント」の中で貸し付けしたい通貨をクリックします。

私の場合は、XRPを貸し付けようとしたので、XRPの取引アカウントの数字をクリックしました。

 

すると、以下の画面に変わりますので、振替したい数量を記入して「振替を実行する」ボタンをクリックします。

これにより、取引アカウントから、下記の手順で貸出したい仮想通貨を貸通貨アカウント振替が完了します。

「貸仮想通貨アカウント」から「貸付ステータス」をみると、「貸出可能」のところに振替された仮想通貨が保管されていることが確認できます。

 

私は今回 50,000 XRPを移動させましたので、 50,000 XRPが貸出できる状態にあることが確認できました。

 

 

③  仮想通貨の貸出

いよいよ仮想通貨を貸出します。

上記の画面の50,000 XRPの箇所をクリックすると、「貸出申請」画面が出てきます。

ここで貸し出す仮想通貨の数量期間を指定します。

今回は、50,000 XRPを180日間(年率4.0%)貸し付けることとしたので、そのとおり記入。

なお「自動貸付」をオンにしておくと、貸付期間終了後に再度自動的に貸し出すことになりますので、適宜選択する必要があります。

数量、期間、自動貸付の有無について選択した後で「貸出する」をクリック。

すると、「貸出申請中」の箇所に申請した貸仮想通貨が反映されます。

④  仮想通貨の貸出の完了

「貸出申請中」から「貸出中」に仮想通貨が反映されれば仮想通貨の貸出が完了です。

私の場合は、貸出申請後、間も無く「貸出中」の箇所に反映されました。

 

ただし、コインチェックのHPによれば、貸仮想通貨は、通貨ごとに借入可能枠が設定されており、上限に達している場合には申請順に承認がなされるとのことです。

そのため、承認に時間がかかることも多いようです。

 

その点で、私はすぐに承認されてラッキーでした。

半年後には50,000 XRPの1,000 XRPが利息としてコインチェックより振り込まれる予定です。

 

塩漬けになって、中長期での売却を考えていない仮想通貨がある場合には、ぜひ貸仮想通貨サービスを利用してみてください。

 

 

 

Pocket