日本の携帯は高すぎる!格安スマホに変えて100万円を作り出せ

日本の携帯は高すぎる!格安スマホに変えて100万円を作り出せ
Pocket

日本の携帯は高すぎる

 

某R社のCMみたいなタイトルですが、日本の携帯は実際高すぎます。

大手通信会社とキャリア契約をした場合、おおよそ7,000円〜8,000円以上をみなさん支払っているのではないでしょうか?

 

実際私が某S社と契約していた時は、平均で月額1万円ほど支払っていましたし、それに対してなんらの疑問も抱いていませんでした。

 

しかし、日本は他国に比べて相対的に携帯料金が高いです。

私がアメリカに住んでいたときに契約していたAT&Tは、毎月約4,000円のプランで通信制限はほとんどかからず、快適に使えていました。

 

その差額6,000円は結構大きいです。

毎月6,000円浮けば、1週間のランチ代くらいにはなりますね。

 

 

日本に帰国後に格安スマホデビュー

 

そこで、日本に帰国と同時に格安スマホデビューしました。

キャリアはUQ Mobile、KDDI グループです。

 

家族割を利用して、月々2,980円で、プランは6GB、ただし、無料で3GB容量を増やせるキャンペーンのため、合計9GB使えます。

また、60分の通話無料が付いているので、電話を利用する際も、長電話でなければ料金を気にする必要はありません。

 

当初、電波が入りにくい等の噂を聞いていましたが、都内で使う分にはネットにはサクサク繋がりますし、通話も全く問題ありません

私はPC用に別途WiFiを家で使用していますので、データ量も9GBあれば十分な容量です。

 

格安スマホデビューから約1年経ちますが、格安スマホにして後悔したことは一度もありません。

 

何より、これまで1万円ほど払っていた携帯料金が2,980 円になったのですから、満足度は格段に上がっています

 

 

浮いたお金で毎月積立投資をしよう

 

私のケースでは、携帯料金だけで過去と比べて、約7,000円の節約となりました。

この7,000円を毎月S&P500などの投資信託に積み立てて行けば、年間でざっと8万4千円積み立てることができます。

 

ちなみに、S&P500は平均年間リターンが約5%といわれています。

毎月浮かせた7,000円をコツコツとS&P500に積み立てて行った場合、10年後にはいくらになっていると思いますか・・・?

 

なんと、月々の7,000円は10年後には、1,086,976円になるのです。

(引用)楽天証券 積立かんたんシミュレーションにて計算

 

ちなみに30年これを続ければ、5,825,810円になります。高級外車が買えるくらいの資産を得ていることになります。

(引用)楽天証券 積立かんたんシミュレーションにて計算

 

 

搾取されていることを自覚して、今すぐ現状を変えよう!

 

何度も言いますが、格安スマホに変えて、浮いたお金を投資に回すだけです、それだけです!

格安スマホに変えない手はありません。

 

大手キャリアの携帯を使って、毎月多額の料金を支払っているみなさん・・

はっきり言えば、みなさんは大手通信キャリアに搾取され続けている養分です!!

 

まずそのことを自覚しましょう。そして、今すぐ格安スマホに変えましょう。

そして、そのお金を投資に回し続けるのです。

 

今タネを撒いておけば、10年後、20年後、30年後には、大きな花を咲かせているはずです!

 

 

 

Pocket