最強の節税術!ふるさと納税の返礼品 個人的ベスト5

最強の節税術!ふるさと納税の返礼品 個人的ベスト5
Pocket

ふるさと納税は節税に欠かせない

 

ふるさと納税とは、全国各地の自治体に寄付を行い、その代わりに所得税や居住する自治体の住民税について還付・控除措置を得られる納税システムです。

ふるさと納税を行う場合には、2,000円の自己負担が必要ですが、その代わり、寄付を行った自治体から返礼品を得ることができ、より多くの寄付をすることで、2,000円の当該自己負担額を大きく上回る経済的メリットを享受することができます。

 

還元率はおおよそ3割

 

過去には、各自治体が競うように高額な返礼品を揃えたため、過当競争が指摘されました。

泉佐野市のAmazonギフト券が最たる例です。

そこで、2019年6月、総務省主導で返礼品の還元率は3割までとする内容の地方税法の改正がなされました。

現在では、各自治体が総務省の事前審査を受け、規制に適合しているかをチェックされます。

審査に合格しなければ、ふるさと納税の制度から外され、税金の控除が受けられない仕組みとなっています。

 

ただ、仮に3割だとしても、たった1万円の寄付をするだけで、2,000円の当該自己負担額を上回る返礼品を受けることができます。

このように、実質的税負担額が同じでありながら、返礼品を得るという経済的恩恵が受けられるため、ふるさと納税は節税対策として欠かせません。

 

メリット・デメリット

 

以下では、ふるさと納税のメリット・デメリットについてまとめてみました。

結論としては、多くのメリットがあるので、やらない理由はありません。

 

メリット

<減税効果>

前述したとおり、寄付金に応じて所得税・住民税から還付・控除がなされます。

 

<返礼品>

各自治体が用意する多種多様な返礼品がゲットすることができます。

私のオススメする返礼品はのちほどご紹介します。

 

<クレジットカード払い等が可能>

住民税の支払いについて、クレジットカードによる支払いに対応している地方自治体は多くありません。

また、対応している場合でも手数料を取られる可能性があります。

それに対して、ふるさと納税はクレジットカード払いが可能であり、手数料を取られることもありません。

また、◯○ペイにも対応しているサイトもあります。

クレジットカード払い等のポイントも得られるので、住民税を手数料なくクレジットカード等で払って、ポイントを得ている感覚です。

 

<ポイントサイト経由でポイントゲット>

ポイントサイトを経由してふるさと納税サイトから支払いを行うと、納税額によってポイントサイトのポイントを得ることもできます。

例えば、私がよく利用するポイントサイトの「ハピタス」を経由して「さとふる」でふるさと納税を行えば、1%のポイントバックが得られます。

ハピタスにおけるさとふるのポイントバックについてはこちら

1万円の寄付を行えば、ハピタスで100ポイントが得られる計算です。

ハピタスのポイントは最良のルートを利用すれば、現状約75%でANAのマイルにも変換できるので、ハピタスでポイントをこつこつ貯めて、マイルで旅行することもできます。

 

<自治体を選べる>

ふるさと納税は自分で寄付する自治体を自由に選べます。

そのため、自分の地元はもちろん、ゆかりがあったり思い入れがある自治体を応援する意味で寄付をすることもできます。

 

デメリット

<2,000円の自己負担額>

必要経費として2,000円の自己負担額が必要ですが、返礼品のメリットで帳消しにできるどころか、お釣りがくるくらいなので、デメリットとまでは言えないかもしれません。

 

<手続が面倒>

所得税・住民税の控除のための手続として確定申告やワンストップ特例制度を利用する必要があります。

このため、若干手続的な煩雑性があります。

 

<キャッシュフローが若干悪化>

ふるさと納税は、所得税や住民税の前払い的側面があるため、それだけキャッシュフローを悪化させることになります。

期限の利益を放棄することになるからです。

 

<払いすぎてしまうケースがある>

減税効果については、年収や家族構成等に応じて限度額が設定されているため、あらかじめどの程度まで寄付ができるか計算しておく必要があります。

例えば、私がよく利用するサイト「さとふる」では、簡易と詳細のシミュレーションを提供しています。

ふるさと納税控除上限額シミュレーションのご案内

限度額を超えて寄付をしてしまった場合、控除等の減税効果が得られないことになり、結果として払うべき税金以上に納税してしまうことになってしまうため、注意が必要です。

 

 

全国返礼品 個人的ベスト5

 

ふるさと納税の定番といえば、お米、肉、野菜、くだものあたりでしょうか。

このあたりは人気の返礼品として、多くの方々が取得されたこともあるのではないでしょうか。

私は、あえて定番以外を中心に、返礼品の個人的ベスト5をご紹介したいと思います。

はっきり言って、おっさんが独断と偏見で選んだ品々ですので、異論反論もあるかと思いますが、このような返礼品もあるのだというくらいに大目にみてください。

 

第5位

ウイスキー甲州 三本セット(山梨県韮崎市)

 

 

(引用)さとふる

さとふるでは、寄付金11,000円で国産ウイスキーが三本ももらえます。

とにかくコスパが高い返礼品です。

味がめちゃくちゃ美味しいというわけではありませんが、ちょっと一杯飲みたいときに側においておきたい商品です

 

 

第4位

曽於ポーク(鹿児島県曽於市)

(引用)さとふる

定番返礼品のお肉ですが、これだけは外せませんでした。コスパが凄すぎます。

さとふるでは、寄付金は11,000円で、豚肉が3.2kgも届きます。

かなりの量が届くので冷凍庫に余裕があるときにしか寄付できません。

 

 

第3位

津山餃子(岡山県津山市)

(引用)さとふる

さとふるでは、寄付金10,000円で、餃子が96個も届きます。

岡山ローカルの餃子大会で優勝したという餃子で、味もかなり美味しいです。

作り方が丁寧に解説されており、そのとおり焼けば、素人でもうまく焼けます。

タレやラー油も付属されており、本格的な餃子の味を自宅で楽しむことができます。

 

 

第2位

ウィルキンソン(山梨県富士吉田市)

 

 

(引用)さとふる

さとふるでは、寄付金15,000円で、ウィルキンソン炭酸水(500ml)が48本ももらえます。

あまりに多く届くので置き場に困るほどでした。

炭酸水好きの方なら是非押さえておきたい返礼品です。

 

第1位

ブルーシール(沖縄県浦添市)

(引用)ふるさとチョイス

沖縄旅行で欠かさず食す沖縄デザートの代表格ブルーシールアイスが堂々の第1位です。

ふるさとチョイスでは、寄付金12,000円に対して、18個の様々な種類のアイスが届きます。

沖縄らしくマンゴー、パイナップル、シークワーサーなどバラエティに富んだ味を楽しめます。

私はブルーシールにハマりすぎで、無くなるとすぐにふるさと納税してしまうほどのリピーターです。

 

以上、個人的な返礼品ベスト5でした。

ご興味があれば、是非試してみてください。

 

 

Pocket